1. HOME
  2. ブログ
  3. 成瀬駅前ハイツ(東京都町田市)でシェアキッチン及びコワーキングスペース「TENT 成瀬」がオープンします(東京都)

成瀬駅前ハイツ(東京都町田市)でシェアキッチン及びコワーキングスペース「TENT 成瀬」がオープンします(東京都)

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、UR賃貸住宅内の賃貸施設(団地店舗)を核として、団地及びその周辺地域の賑わいに資する「日常生活を送る上で欠かせない食」及び「新たな生活様式の下、注目度が高まっているシェアリングエコノミー」を軸とする新たな事業提案の公募を行いました。
 この度、成瀬駅前ハイツにおいて、当該公募により事業実施者として特定されたステップチェンジ株式会社(神奈川県横浜市)が、令和3(2021)年3月28日(日)にシェアキッチン及びコワーキングスペースの複合シェアサービス拠点「TENT成瀬(テントナルセ)」をプレオープンします。(4月3日(土)グランドオープン予定)

「TENT成瀬」では、シェアキッチン及びコワーキングスペース事業を通じて、団地やその周辺地域にお住まいの方が集い、新たなコミュニティが創生されることにより、地域の賑わいに繋がる活性化拠点となることが期待されます。
 UR都市機構では、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため不要不急な外出の自粛など日常生活の制限が求められている中、地域にお住まいの皆様に成瀬駅前ハイツの魅力を知っていただくことを目的として、「TENT 成瀬」のプレオープンに合わせ、令和3(2021)年3月28日(日)に「with コロナの“新しい暮らし” STAY NARUSE in 成瀬駅前ハイツ」を開催する予定です。
 「TENT 成瀬」のシェアキッチンを使ったワークショップのみならず、お子様向けのコンテンツ等の実施を予定しております。開催にあたってはマスク着用、アルコール消毒液の設置及び検温対応等、感染防止対策を徹底します。

<TENT成瀬 外観イメージ>

<TENT成瀬 内観イメージ>

TENT成瀬 概要

<コンセプト>
近年、職住環境の分離や交流場所の広域化により、都市部の地域コミュニティが薄れつつある中、コロナ禍によりニューノーマルな暮らし方への変革が求められるようになりました。住宅地にシェアキッチンとコワーキングスペースを運営することで、①職住近接の環境づくりによる昼間人口の減少抑制、②地域住民のビジネスや各種活動を支えることによる地域経済の活性化、③地域住民同士が集う場づくり、という効果を生み出し、地域コミュニティの活性化に寄与することを目指します。

<主な機能>
●リスクを最小限にしたお店、シェアキッチン
飲食店営業( 軽飲食)、菓子製造許可のある、整った厨房設備や共用備品を時間借りし、初期投資を限りなく減らした飲食店や製造バックヤードとして活用いただけます。

●ご自宅近くのオフィス、コワーキングスペース
カウンター席やソファ席、個室ブースなど様々なタイプをご用意。メインオフィスとしてだけでなく、テレワークやサテライトオフィスとしてご活用いただけます。

●小商いから始める、ボックスショップ
棚単位で販売スペースを借りて、ご自身のアイテムを販売。趣味から、お小遣い稼ぎや副業へとステップアップすることができます。

●新しいチャレンジの場
これから起業を目指す方、起業したての方、受験や資格を取りたい方など、面倒見の良いスタッフがサポートし、地域の人や情報のハブとして、会員の皆様の夢をかなえるスペースを目指します。

「withコロナの“新しい暮らし” STAY NARUSE in 成瀬駅前ハイツ」概要

関連記事