1. HOME
  2. ブログ
  3. 京急電鉄とCarstay、『モバイル・オフィス』利用の実証実験を実施(横浜)

京急電鉄とCarstay、『モバイル・オフィス』利用の実証実験を実施(横浜)

京浜急行電鉄株式会社と、Carstay株式会社は、横浜市南部(上大岡エリア・能見台エリア)の京急電鉄所有の遊休地に、Carstayの“動くオフィス”として利活用可能なキャンピングカー「モバイル・オフィス」をビジネスパーソンのワークスペースや学生の勉強スペースとして設置する実証実験を開始します。

利用は無料で、期間はそれぞれ、上大岡エリアは2021年2月22日(月)~2月26日(金)、能見台エリアは3月1日(月)~3月5日(金)です。1組(推奨1~2人、最大4人利用)、1時間の予約ができ、Carstayの「モバイル・オフィス」専用サイトから申し込むことが可能です。(https://mobileoffice.carstay.jp/

京急電鉄とCarstayの連携について

今回「モバイル・オフィス」として使用する車は、キャンピングカーや車中泊仕様の車に特化したカーシェア「バンシェア」上に登録されている、トヨタ・ハイエースをベース車両としたキャンピングカー製造・販売のRVトラスト製「C-LH」です。デスク、大容量バッテリー、家庭用エアコン、照明、冷蔵庫などに加え、Wi-Fiも完備しているため、快適な仕事向けの個室空間として利活用できます。(車内サイズ:長さ4.0・幅1.8・高さ2.2メートル)

現在、京急電鉄では沿線である横浜市南部エリアのまちづくりに向け、住民参加のワークショップを実施しており、本取り組みは、ワークショップから得られたアイデアから実現しました。京急電鉄が保有する敷地に「モバイル・オフィス」を試験的に設置、沿線住民のテレワークニーズの発掘に繋げます。

京急電鉄とCarstayは、京急沿線の地域経済の活性化を目指して、昨年10月から三浦半島において、車中泊/バンライフのプロジェクトを展開中で、今回は協業の第2弾となります。また同時に、京急グループが展開する京急プライムクラブの会員向けに、Carstay提供サービス「バンシェア」「カーステイ」の特別割引サービスを開始するなど、「バンライフ※」を通じた新しい生活の提案に取り組みます。

実証実験の概要

■ 上大岡エリアの「モバイル・オフィス」
・期間: 2月22日(月)~2月26日(金)10:00~17:00
・住所: 横浜市港南区上大岡東1丁目12−35
・アクセス:上大岡駅から徒歩1分)
・詳細・予約: https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/6029e6247784fd6a57d0c86e

■ 能見台エリアの「モバイル・オフィス」
・期間: 3月1日(月)~3月5日(金)10:00~17:00
・住所: 横浜市金沢区能見台2丁目1 − 1
・アクセス: 京浜急行バス「能見台センター」バス停から徒歩2分
・詳細・予約: https://carstay.jp/ja/stations/kanto/station/6029e2c2c45da85a029102d1

関連記事